ムダ毛の自己処理は皮膚の炎症の原因

ムダ毛の自己処理を続けていると、皮膚が炎症や腫れを引き起こすことがあります

ムダ毛の自己処理は皮膚の炎症の原因

炎症を発生させる脱毛は絶対にやめよう

無駄毛の処理をするときの方法は人によって違っています。
毛抜きや剃刀はメジャーな方法で、簡単でお金がかからないため多くの人が利用しています。
しかし、これらの方法で脱毛をすることによって肌への負担が多大にかかってしまいます。

剃刀での脱毛は、無駄毛だけではなく皮膚も一緒に剃ってしまう為に知らず知らずのうちに肌荒れが生じてしまいます。
肌が赤くなってしまったり、ポツポツしたものが肌に多くできてしまうなど肌トラブルが絶えず発生してしまいます。
こういった肌荒れやトラブルが悪化してしまうことによって、黒ずみへと変化してしまいます。
黒ずみは、無駄毛以上に悩みを抱えることになるので、こうした最悪な状態にならないように注意しながら脱毛をしなければいけません。

脱毛時の炎症を避けるためには、アフターケアをしたり、自己処理での脱毛をしないことが大切です。
例えば、エステサロンで脱毛をすれば炎症を引き起こすことなく綺麗な肌へ仕上げることができます。
エステサロンでは、自分の肌質をしっかり専用の機械で調べて、脱毛器を選定してくれます。ですので、肌に優しい自分だけの脱毛をすることができます。

こうした脱毛方法に加えてアフターケアも充実しています。
これは、エステサロンによって異なっていますが、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合しているクリームや保湿剤を使ってケアをしてくれるので、最終的に美肌を手に入れることができるのです。

一般的にエステサロンは、敷居が高いといわれていますが最近では以前よりも低価格に設定されているので、気軽な気持ちで施術をすることができます。
カウンセリングは無料で行っているので、自分の肌を知るためにも利用をしてみるといいでしょう。

脱毛で炎症が起きやすいわきの下

きっと、思春期に差し掛かりムダ毛が気になるきっかけは、わき毛の生え始めではないでしょうか。
小学校高学年から中学生にかけて、女の子は目覚ましい成長を遂げます。
生理が来て身体のラインが丸みを帯びたり、わき毛なども生えてきます。
ホルモンバランスが成長してきた証です。
しかし、今まではムダ毛というものを気にしなかったもののわき毛が生えると一気に体中のムダ毛が気になってきますよね。
特に、夏場などは周囲の目も気になります。
真っ先、わきの下の処理から始めますよね。
しかし、カミソリやシェーバーでの処理はあっという間にムダ毛が生えてきてしまいます。
2~3日に1回ムダ毛を処理してしていると肌にも大きな影響が出てしまいます。
それが炎症になってしまうのです。
特に、わきの下は、汗をかきやすい部分です。
雑菌なども繁殖しやすく炎症も起きやすくなってしまいます。
学生の時から、自己処理を続けてきたせいでもうわきの下は、肌の状態もボロボロという方もいらっしゃるかもしれません。
脱毛サロンを利用すれば、長年の悩みから解放されます。
わきの下の状態は、きっと度重なる自己処理で悲鳴をあげているはずです。
カミソリやシェーバー以外にも、生え始めが遅くなる毛抜きなどを利用した場合は、埋没毛もあるかもしれません。
埋没毛とは、毛が肌の表面に出たにも関わらず、また肌で覆われている状態です。
無理やり爪などで掻いては炎症の基になってしまいます。
これらの様な肌トラブルも、脱毛サロンへ行けば1つずつ解消をしてもらえるのです。
自己処理と長い間行って出来てしまった肌トラブルや炎症。
諦めてはいけません。
脱毛サロンへ足を運べば、適切な方法で綺麗なわきの下を甦らせる事が出来ます。

 |  | 

脱毛で起きる炎症を回避する方法について

現在は、様々な家庭用の脱毛器が発売をされています。
自宅で手軽に出来る、サロンにあるような脱毛器は大人気です。
しかし、一方で自分で行う自己処理のため肌に炎症を起こしてしまう場合があります。
肌の状態を良く確認せずに、効果があるからと出力レベルを挙げて火傷としてしまうというものです。
火傷は、肌が熱を持った状態になっています。
ですので、速やかにアイシングを行う事がおすすめです。
炎症を起こしてしまった肌は、すぐには回復しません。
ですが、冷やす事。
これは、真っ先に行うべき応急処置なのです。
他にも、脱毛後の炎症を引き起こしてしまう原因をご紹介しましょう。
・生理中などホルモンバランスや体調が崩れている時の脱毛
・脱毛した部分に刺激の強いボディソープなどを使用する
・脱毛後すぐに、激しいスポーツをして汗をかく
・脱毛箇所に日差しを受け、日焼けする
・脱毛部分への制汗剤の利用
上記にあげた事も、脱毛後の炎症になってしまう場合があります。
くれぐれも注意をしましょう。

考えてみると脱毛後の炎症は、とても怖いものですよね。
軽度な炎症で済めば良いのですが、火傷の具合によっては跡に残ってしまう場合があります。
その点、脱毛サロンを利用すれば肌の状態に合わせて無理せず施術が出来るので安心です。
そして、脱毛サロン選びをする時は、クリニックと提携しているサロンを選ぶのがおすすめです。
万が一の時、脱毛サロンでは保湿剤などの対応は出来るものの医薬品となると対応が出来ません。
肌の状態を考えての施術をしてもらえるものの、もしもの場合を考えた時クリニックと提携していれば心強いですよね。
脱毛サロンを選ぶ際の参考にして頂きたい条件の1つです。

Copyright (C) 2013 ムダ毛の自己処理は皮膚の炎症の原因 All Rights Reserved.

このページの先頭へ